便秘サプリ攻略大百科~便秘解消のために使える漢方薬の選び方

便秘サプリ攻略大百科の閲覧ありがとうございます!本HPは便秘サプリに関してのデータが多いだから、便秘サプリ素人さんの皆さんから見識の深い皆さんまで満足できるページになっております。 - 便秘解消のために使える漢方薬の選び方

便秘解消のために使える漢方薬の選び方

便秘解消のためにお薬をずっと使っていると、気になるのは副作用です。そうは言っても、食事や運動でなかなか便秘が治らないときにはやはり薬に頼らざるを得ないのですが、そんなときに漢方薬が役に立つことがあります。ところが便秘解消に使う漢方薬といっても、非常に多くの種類の漢方薬があります。こうした漢方薬にはどのようなものがあるのでしょうか?

大黄が含まれる漢方薬

大黄というのは漢方薬の中で最も有名な下剤です。西洋薬でも使われているセンノシドという成分を含んでおり、腸を刺激して蠕動運動を促進し排便をうながします。大黄が含まれる漢方薬には、大黄甘草湯、調胃承気湯、大承気湯、麻子仁丸、潤腸湯、桂枝加芍薬大黄湯などがあります。これらは大黄甘草湯を中心に考えると分かりやすいです。大黄甘草湯は大黄と甘草とから成り、体力中等度の人の常習便秘に広く使われます。調胃承気湯はこれに芒硝を加えたもので、固い便を柔らかくする効果も追加されます。大承気湯は大黄甘草湯から甘草をぬいて、枳実と厚朴を加えたもの。甘草による緩和作用をとることでより強力に便秘を解消します。体力が充実している人向きです。麻子仁丸は大黄甘草湯より体力低下した人に使われます。潤腸湯も体力低下した人に使われますが、ウサギの糞のような便がある人に向いています。桂枝加芍薬大黄湯は他の大黄剤で下痢をしてしまう場合に使われます。

大黄が含まれない漢方薬

一方で虚証といってもともと体力低下気味の人に大黄を使うと、腹痛になったり下痢をしてしまう場合がよくあります。そのようなときには大黄を含んでいない漢方薬が効果的なことも多いです。例えば、大健中湯や桂枝加芍薬湯がその例になります。大建中湯は、体力低下気味の人がお腹の冷えで胃腸の動きが弱くなっているときに良く合う漢方薬です。桂枝加芍薬湯は、ストレスなどで腸の蠕動運動のリズムが狂い、腸管が痙攣して便秘になるような場合に使われます。また高齢者の方では身体機能が全般に低下しているので、滋養を補うような人参湯や真武湯といった漢方薬が便秘に有効なことがあります。

まとめ

このように漢方薬には便秘に使う薬と言っても非常にたくさんの種類があり、上にあげたもの以外でも有効な場合があります。便秘の症状や原因のほかに、漢方薬では体質に合わせて薬を選ぶことが重視されています。是非こちらを参考にして自分に合った便秘解消の漢方薬を見つけてください。
腸内環境改善サプリおすすめランキングはコレ!

新着情報

◆2016/04/19
便秘解消のために使える漢方薬の選び方の情報を更新しました。
◆2016/04/04
リンク集を新規投稿しました。
◆2016/02/25
サイトマップを新規投稿しました。